サービスを確認してからフライヤー印刷|こだわりのデザインと素材

DMや明細に便利

葉書き

情報量とコスト

DMやお知らせでは、ハガキより封書が使われることが多いのは、ハガキではどうしても情報量が限られてしまうからです。ハガキでありながら情報量を多く記載できる圧着ハガキは便利です。雨などに塗れるとはがしにくい等いくつかデメリットはありますが、多くの魅力あるメリットが補って余りある方法が圧着ハガキです。メリットの1つ目は、もちろんハガキなのでハガキの料金で送れるためコストパフォーマンスに優れているという事です。はがすと、普通のハガキより沢山の情報を記録しているため、色々な用途に使え尚且つ、秘匿性が高くなるのもメリットとなります。また、特定の人に向けてのお知らせをするのも他の人が開ければすぐわかるという事から安全性も高くなる方法です。

人気の秘密

ところで圧着ハガキと似ていますが、ミシン目を切って開く圧着封筒もあります。こちらは、あくまでも封書扱いなのでハガキと同じ値段では送れません。このため、コストパフォーマンスが高くメリットのある圧縮ハガキは、大変人気です。このため、普通のハガキや封書より圧着ハガキの読まれる率は、高いです。機密性が高いがゆえに、何が書いてあるんだろうということで、どうしても剥がしたくなる心理が働くのでDM等には向いています。親展扱いのお知らせや通知だと、普通のハガキでは他の家族や他人に見られてしまい普通は封書が向いているのですが、個人情報を他の人に知られないというメリットがハガキと同じ値段で送れるという事から大変人気となっています。